浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

初めてのクラシックラコンサート 男女服装レポ

f:id:ukigusagurasi:20180913221035p:image

こんにちは!藤間です。

 

先日、人生で初めて夫婦でオーケストラのクラシックコンサートに行ってきました。

 

コンサートへ行くことが決まり、まず気になったのは服装!

「一体、どんな何を着て行けばいいんだろう・・・?」

  • 女性の服装はワンピースが無難?
  • 男性の服装はスーツなの?
  • そもそもドレスコードはあるの??

 

どうしても敷居が高く感じてしまう、クラシックコンサート。

しかし、いざ行ってみると最初に心配していた程、かしこまった場所ではありませんでした。

 

とはいえ、慣れない場所へ行く前は少しでも情報が欲しいものですよね。

そこで、私達夫婦が実際に着ていった服と、会場にいた人達の服装をご紹介したいと思います!

どうもそこまで気にしなくても大丈夫らしい

まず、日本国内でドレスコードがあるクラシックコンサートは極めて稀!

仮にドレスコードがある場合には、チケットや主催のサイトにドレスコードがある旨が記載されています。

 

そして今回行ったコンサート、実はゲーム音楽を生オーケストラで演奏するという内容です。

「オーケストラの入門になって欲しい」という趣旨もあり、クラシックコンサートの中でもかなり初心者向けなことがわかります。

 

海外のクラシックコンサートや、オペラの観劇に関しては少し服装に気を付けた方がいいようなので、事前にチェックしておきましょう。

当日着ていった服装はこれ!

〝ドレスコードはない〟とわかっても、Tシャツに短パンで行こうとは思えません。

 

コンサートの内容的にもやり過ぎは逆に良くないと考えた結果、服装はこうなりました。

女性(私)の服装

f:id:ukigusagurasi:20180913205035j:image

  • カットソー
  • ガウチョ
  • ロングカーディガン
  • ショルダーにもなるクラッチバッグ
  • パール系のアクセ
  • ウェッジソールのサンダル

髪は簡単にまとめてアップさせました。

 

この服装に着替えたら夫に「気合い入れすぎじゃない?w」と言われてしまいました。

ラフ過ぎて浮くよりは・・・と思ったのですが、あまりに夫が言うのでアクセは外して持っていく事にしました。

男性(夫)の服装

f:id:ukigusagurasi:20180913205046j:image

  • ポロシャツ
  • ジーパン
  • スニーカー

ベリー・シンプル。

普段通りTシャツにジーンズで行くというので、せめて襟付きの服を・・・とポロシャツを着せました。

 

もっと涼しければTシャツの上にジャケットでも羽織らせようかと思ってましたが、結果的にこれくらいで良かったです。

実際に行ってみた結果

全体的にとてもラフ!

 

いやー、想像以上に皆さんカジュアルでした。

曲目がゲーム音楽である事も影響している部分も大きいとは思います。

 

Tシャツに短パンは・・・なんて言ってましたが、Tシャツに短パンの方もいらっしゃいました(笑)

 

全体的にショッピングモールで見かける雰囲気とよく似ていました。

女性は服装の幅がやや広め。

Tシャツやジーンズなどのカジュアルな人から、ワンピースなどややきれい目系の人もいました。

 

男性は総じてカジュアル。

季節的なものもあるのか、ほとんどの人がTシャツです。

たまにスーツの方を見ましたが、仕事帰りでそのまま・・・という雰囲気でした。

少しだけきれい目にするには

結果的にかなりカジュアルな服装でも問題ありませんでした。

 

ただやっぱり当日蓋を開けてみるまでどうなっているのかわからないので、きれい目にしておいて間違いはないと思います。

いつもより少しだけきれい目にする方法として

  1. とりあえずモノトーン
  2. 襟が付いてればきれい目
  3. 女性はワンピース着とけば万能

 

たとえ、同じTシャツに短パンでもモノトーンだと少しカジュアル度が下がります。

Tシャツにジーンズやスカートなのを、上だけ襟付きのシャツにしたり、ジャケットを羽織るだけできれい度が上がります。

女性は色や形に関わらず、ワンピースを着るだけ!

 

変に浮きたくない、無難な服にしたいと思われている方は参考にしてみて下さい。

おわりに

まとめ
  • 日本国内のコンサートはほとんどドレスコードはない
  • 意外と皆カジュアル
  • 心配なら少しきれい目を意識する

はじめは「オーケストラのコンサートなんてどうしよう・・・」という不安もありましたが、実際に行ってみるとそんなに気負いする事はありませんでした。

 

しかしせっかく非日常を味わえる機会ですから、いつもよりちょっとおしゃれをしてコンサートに出かけてみてはいかがでしょうか?

きっと素敵な思い出になりますよ。