浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

ペット、猫のいる家でのゴキ対策

猫のいる家でのゴキブリ対策
こんにちは。藤間です!

 

もう何年も遭遇していなかったのに、ヤツは突然姿を現しました。

 

ソファで寝ていたうちの猫が急に何かに反応し、ササッと走りだしたかと思ったら一点を見上げたまま動かなくなりました。

 

「?」と思いながら目線の先を追うと・・・いたんですよ。

 

壁に張り付いたヤツが。

GOKIBURIが!!!

 

 ゴキブリが出た!さぁ、どうする・・・!?

ヤツの名を表記するのも嫌なので、以下“G”とします・・・。

 

「嫌あああああ!!でたああああああ!!!」と半狂乱になりつつもあなたの対G 対策として一番にとる行動は何でしょうか?

 

多くの人が殺虫スプレーを手に取り、勢いよく発射させると思います。

 

これが結構よく効くんですよね。

人類の英知の塊です。

 

ありがとう!開発した人とそれに関わったすべての人達!

【第2類医薬品】医薬品ゴキジェットプロ秒殺+まちぶせ 450mL

でも、猫のいる家でゴキジェットって大丈夫なの?

以前、Gが室内に出現した際、こんなこともあろうかと常備していたゴキジェットで見事撃退に成功しました。

 

大の虫嫌いである私は確実に仕留めるため、1匹に対しスプレーの中身が半分になるほどぶっぱなしたのです。

 

立ち込める独特の臭いのなか、果たしてこれは猫にとって安全なんだろうかと疑問に思いました。

(ちなみにこの時は、あらかじめ猫を別の部屋へ隔離し、スプレーした場所を念入りに拭き掃除し、換気しています。)

 

ゴキジェットの発売元であるアースさんによるとこうです。

Q ペット(犬や猫など)や観賞魚がいる部屋で使っても大丈夫?
A 犬・猫・ハムスター・小鳥などのペットおよび、観賞魚だけでなく、観賞エビ等の水槽の付近や、昆虫の飼育カゴがある場合はかからないようにし、噴射後は室内を十分換気してください。

虫ケア用品(殺虫剤・防虫剤):ゴキブリ用に関するよくあるご質問 | アース製薬株式会社 製品情報

また

Q 妊婦や乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫?
A 特に問題はありません。

ただし、使用中は霧を吸い込まないようにし、使用後は室内を十分換気してください。

との事。

概ね安全ですが、霧状になった薬剤を吸引するのは良くないようですね。

 

 多くのスプレータイプの殺虫剤に含まれる「ピレスロイド」という成分があるのですが、これは

  • 哺乳類や鳥類の体内で素早く分解され排出される
  • 光、熱、空気に触れると成分が分解されやすい

という特徴があるようです。

 

以上のことから、猫やペットのいる家庭で殺虫スプレーを使用するのは

薬剤を吸引してしまうのは良くないので、近くで発射しないように注意すれば大丈夫。

床や壁についた薬剤は短時間で分解されるので神経質にならくても良い。

と考えて良さそうです。

実は猫に危険な天然成分

害虫対策にアロマやハッカ油などがいい!という話があります。

 

確かに殺虫成分を含まず天然成分なら良さそう…となるかもしれません。

しかし、精油の成分を猫の肝臓では解毒しきれないので、猫の体に良くないとされています

 

赤ちゃんや小さな子供さんのいるご家庭では有効かもしれませんが、猫飼いのおうちではNGなので気を付けましょう。

猫にやさしいゴキ対策を考えた結果

f:id:ukigusagurasi:20180823205149j:image

猫を飼っている家でも、ゴキジェットなどの殺虫スプレーを使ってもそこまで心配することはないとわかりました。

 

が、しかし避けられるならばできるだけ避けたいのが猫飼い心。

 

殺虫成分を巻き散らかさずに仕留める方法として、「叩き潰す」がすぐ浮かびましたが接近戦、かつ物理攻撃は私には絶対に無理。

「熱湯をかける」も聞いたことありますが、うちのティファールさんで速攻沸かしたとしても、今回のように壁面にでた場合攻撃不可能。

 

ではどうするのか。

 

その答えがこれ!

殺虫成分ゼロの凍らすタイプのスプレーです!

殺虫成分に疑問をもってすぐ買ったのがフマキラーさんのもので、半分ほどなくなった際に予備で買ったのがアースさんのほうです。

 

よく見たら「フマキラー 殺虫スプレー 凍殺ジェット 300ml」には、適用害虫欄にGの文字がありませんでした。

 

ですが、今回実際に仕留めることができたのでGに対しても有効であることは立証しています。

Gに向かって数秒発射するとカッチカチ(夫談)に凍らせ仕留めることができます。

 

なお、火気厳禁ですので台所で使用する際は十分にご注意ください!

洗剤界から「キュッキュッと泡スプレー」も参戦

キュキュット クリア泡スプレー は、Amazonのカスタマーレビューから『対昆虫用決戦兵器』として脚光を浴びました。

洗剤がGに対して有効なのは、界面活性剤の力も借りて窒息させることができるからです。

 

猫に対して全く無害かというと違うかもしれません。

ですが、もともと食器用で人の口に触れるのが前提なので、壁や床に接着しても殺虫成分よりは危険は少ないと考えます。

 

なにより、これなら台所に常備しておいても違和感がありませんし、どこででも入手できます。

念のため置き型タイプも設置

もしも取り逃した場合や、知らないうちに侵入されていて数日気が付けなかったりした場合のために毒餌タイプも用意しました。

KINCHO コンバット ゴキブリ殺虫剤 大型容器 4個入

 

猫に無害かといったらそんなことはないので、絶対にいたずらできない隙間などに設置しようと思います。

おわりに

30数年の人生で生まれてはじめてG の羽ばたく姿を目の当たりにしました・・・。

 

噂には聞いていたんですが、ホントに飛ぶんですね(トラウマ)

 

ちなみに「猫事態が対G対策になる!」なんて声もありました(笑)

うちの場合1匹は騒ぎたてるが獲る気はなく、もう1匹は姿を見ても無関心でした・・・。

 

くわえて持ってこられても複雑なので、できるだけ安全に人間の英知に頼りたいと思います。