浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

Googleアドセンスに1発合格!その時ブログはどうだったか

f:id:ukigusagurasi:20181208174252p:image

こんにちは、藤間です。

 

ブログをはじめて半年を過ぎた2018年11月18日、ブロガーの登竜門(?)と言っても過言ではないかもしれない〝Googleアドセンス〟に合格しました。

 

ブログ開始から4か月かけてはてなブログをpro化し、その2ヶ月後にやっと独自ドメインを取得。

独自ドメイン取得からさらに1ヶ月後にようやくGoogleアドセンスを申請するという腰の重さ・・・。

 

ブログを書いて収益化を目指している方以外には、ナンノコッチャ??という内容ですが、せっかくなのでメモとして残しておこうかと思います。

Googleアドセンス合格時の状況

アドセンスに申請時の当ブログの状況は以下の通りです。

  • ブログ開設から6ヶ月(独自ドメイン取得から3ヶ月)
  • 記事数74
  • お問い合わせメールフォームを設置
  • プライバシーポリシーを表記
  • 詳細なプロフィールページ有り
  • カエレバなどのAPSアフェリエイト記事有り

 

申請中にどんどん更新した方が良いと見ましたが、私の申請中の新記事は2記事です。

 

総記事数が74ですが、10記事書いたら申請しよう!みたいなこともあるので、これはあまり参考にならないかも知れません。

ちなみに、1記事の文字数は大体2000文字前後。

審査に影響があるかわかりませんが、デザインを整えるうえでグローバルナビの表示や記事のカテゴリ分けもやっています。

 

アドセンス申請時にアフィリエイト記事があってはいけない的なものも見たような気がしましたが、面倒だったのでそのまま申請しました。

(これで不合格だったら、非表示にするなど対策するつもりでした。)

Googleアドセンス申請から通過までは2週間程

アドセンス申請時に『審査は通常1日で終わります』なんて書いてあります。

 

しかし、実際にアドセンス申請をしていた人の体験談をみると本当に数日で合否がわかる人もいれば、何週間待っても何の連絡もない!という人もいるようです。

全てはGoogle先生のご機嫌次第・・・なんて声までありますが、私の場合は申請から16日後に合格の通知が来ました。

申請が11月2日の午後で合格通知が11月18日の深夜です。

 

合否の連絡は遅い時は遅い、とわかっていたので最初の1週間は「まぁ、まだ1週間だしね」と気にしておらず、2週間過ぎて「あれ?なんか遅くない?」とちょっと焦りを感じた数日後にGoogleからメールが届きました。

噂の〝ポップコーン〟じゃない!

Googleアドセンスに合格した人のブログやTwitterでは「ポップコーンメールきました!」といった喜びの声を見ます。

f:id:ukigusagurasi:20181208164804j:image

このポップコーン。

Googleアドセンスの合格を知らせるメールにある画像が元でよく出てくる単語であり、私も合格メールを受け取った瞬間「ポップコーンきたああああ!」とワクワクしてメールを開いたものですw

 

しかしいない!

受け取ったメールにもその後の手続きの案内のメールにも、アドセンス合格通知の象徴であるポップコーンの彼がいない・・・!

 

代わりに私に通知をしてくれたのは彼女でした。(ダレダー!)

f:id:ukigusagurasi:20181208164812j:image

ご合格通知=ポップコーンだと思っていたので、そこだけちょっとだけ肩透かしをくらった気分でしたw

アドセンス合格後、勝手に表示される自動広告

合格通知を貰ってから数日ブログをさわっていおらず、そろそろアドセンスの広告貼ったりしなきゃんらんなと自分のブログを見たらもうすでに広告が出ておりました。

 

審査の時に埋め込んだメタタグが、勝手に広告を表示してくれるようです。

 

ちなみに、アドセンスの表示方法などは完全に初期の設定のままですが1週間で早くもジュース2本分の収益が発生していました!

わー、すごい。

 

ただ、自動広告はホントに自動なので「そこに!?表示なの!?」みたいな場所にねじ込まれます。

かなりとんでもない場所に出てもAIが学習していい感じになるようなので、今のところありのままの姿です。

 

もっと戦略的に広告を表示させたい!という方はこちらのブログでかなり親切に解説してくれているので参考にするといいと思います。

tech-swing.net

おわりに

〝アドセンス  合格〟などで検索すると、「たった◯記事で!」とか「ブログ開設たった◯日で!」が上位に出てくるわけですが、これは本当に稀有な例であると思っています。

 

私の場合は2週間ちょっとの待ち時間だったので、特別早くも遅くもない感じですかね。

ありがたいことに一度の申請で合格できたので、不合格からの再チャレンジ!みたいなエピソードもありませんが、参考とはならずとも何かの目安になれば幸いです。