浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

nanapiの簡単レシピを応用したピーマンの肉詰めの作り方

f:id:ukigusagurasi:20181007194919p:image

こんにちは、藤間です。

 

ロールキャベツ、メンチカツ、ミートボール・・・そしてピーマンの肉詰め。

美味しくて大好きなんですが、ズボラな私には作るとなるとちょっと面倒。

 

特にタネ作り!

まず玉ねぎをみじん切りにして、飴色になるまで炒めて、冷まして・・・。

 

もうこのままひき肉とこねて焼いちゃえば、ハンバーグできちゃうじゃん!?一品完成じゃん!?って思いませんか?

思いますよね??

nanapiレシピを応用

そこでタネ作りに時間がかからなければ、ひき肉料理も手軽にできるじゃなーい、という考えからご紹介するのがこちら。

このレシピ、何と卵も玉ねぎも使わずに美味しいハンバーグが作れます!

材料を混ぜて焼くだけなので、あっという間にメインのおかずができちゃうんです。

 

今回はこのレシピを使ってピーマンの肉詰めを作りますよー。

材料

f:id:ukigusagurasi:20181007192601j:image

  • 合挽き肉 200g
  • ピーマン 3つ
  • マヨネーズ、ケチャップ、パン粉 各大さじ1と1/2
  • 塩、コショウ 各少々

(nanapiレシピよりもちょっと多めです)

作り方

f:id:ukigusagurasi:20181007192611j:image

1、ひき肉と各調味料を合わせます。

塩を入れて先にこねるとまとまりが良くなるらしいですが、全部ぶっ込みます。

 

f:id:ukigusagurasi:20181007192621j:image

2、しっかり粘りが出るまでこねます。

これでタネが完成!はやーい!

このまま成型して焼けばハンバーグのできあがりです!楽チン!

 

しかし、今回はピーマンの肉詰めなのでもうちょっと続きます。

 

f:id:ukigusagurasi:20181007192639j:image

3、ピーマンを半分にし、内側に薄く小麦粉をふります。

こうしておけば、焼いた時にお肉がピーマンから剥がれにくくなります。

 

f:id:ukigusagurasi:20181007192653j:image

f:id:ukigusagurasi:20181007192704j:image

4、隙間までしっかりタネを詰めます。

 

f:id:ukigusagurasi:20181007192716j:image

f:id:ukigusagurasi:20181007192728j:image

5、フライパンに油を敷き、お肉側を下にして焼きます。

焼き目が付いたらひっくり返して、蓋をします。

 

f:id:ukigusagurasi:20181007192741j:image

6、いい感じに焼けたら完成です!

タネが少し余ったので、しれっとレンコンの挟み焼きを追加しちゃいました。

 

タレはいつもは、ケチャップ・ソース・砂糖・お酒を混ぜて洋風にするのですが、今回はレンコンのはさみ焼きに合わせて醤油・砂糖を煮詰めた甘辛い和風タレにしてみました。

おわりに

タネが簡単にできることによって、ひき肉料理を献立に組み込みやすくなりますね。

 

たまごや玉ねぎが入っていない分、お肉感の強いちょっとしっかりめの食べ応えになります。

ハンバーグはおうち流の方が好きだなーという場合でも、お弁当用やこういったひき肉料理にこちらの時短レシピを使ってみてはいかがでしょうか?

 

www.ukigura.com