浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

転勤族が見ているのはここ!部屋探しで内見時に重要なチェックポイント

f:id:ukigusagurasi:20180610010050j:image

こんにちは!藤間です。

 

「転勤族がしている賃貸で後悔しない部屋の選び方」では、部屋探しで後悔しない為に不動産屋へ足を運ぶの前の準備をお伝えしました。

ポイントは住みたい部屋の条件を箇条書きにして優先度を付け、自分の求める快適な部屋のビジョンをしっかり持つことです。

 

では次に、条件に合いそうな部屋を不動産屋でいくつかピックアップしてもらった後にする、内見でのチェックポイントをお伝えしたいと思います!

 内見のコツとチェックポイント

不動産屋さんは物件紹介の際イマイチな部屋から紹介すると言われています。

条件を外していたり、条件はあってるけれど・・・みたいな部屋をはじめに紹介しておくことで、次以降の部屋が多少合わなくてもよく見えるので契約に繋がりやすくなるからです。

 

なので、部屋選びの優先順位が定まっていないと、内見をすればする程よく分からなくなり、綺麗だけども条件にあわない部屋を選んでしまった、なんて事になりかねません。

優先順位を見失わないようにメモなどして持っていきましょう。

 

多くの部屋を見ておきたいならば最初の部屋をじっくりみる必要はないです。

第一印象でピンとこなければ、細かいところは見ずにサクッと次の部屋を案内してもらいましょう。

写真を取ろう!

壁の色は?床の色は濃かった?薄かった?部屋の明るさは?

人の記憶は曖昧で、いくつも部屋を案内されているうちに例え気に入った部屋であっても細部を忘れてしまいます。

 

間取り図ではわからない部屋の雰囲気を記録しておくために、画像を撮っておくと後で比較する際に役立ちます。

その際には大きく部屋全体が入るように撮っておくとベストでしょう!

部屋の外部で見ておくべき箇所

内見といっても部屋の中だけをチェックしておけばいい訳ではありません。
物件に着いた瞬間から見ておくべき場所があります。

ゴミ捨て場

賃貸のアパートなどの専用ゴミ捨て場があるのか見ておきましょう。

大抵は専用のゴミステーションが設置されていますが、稀にちょっと離れた町内のゴミ捨て場が指定されることがあります。

町内のルールなどがあったりして把握しずらいので、賃貸ならば専用の場所があったほうが無難です。

掲示

大家さんや管理会社からの掲示物の内容で住民の環境がわかることがあります。

お知らせに「ゴミのルールを守って下さい」や「騒音の苦情が出ています」等警告されている場合には、住民トラブルに注意したほうが良さそうです。

 

日付けも明記されているでしょうからチェックしてみましょう。

日付けが新しければトラブルを起こした住民はまだそこに居住している可能性が高いということです。

共用の廊下

共用廊下が荒れている場合には住民のマナーが疑問視されます。

本来、防災の点などから共用部分に私物を置いてはいけないことになっています。

 

大量の傘や、三輪車や自転車、植木が置いてある場合には注意です。

ベランダ

自分がこれから住むかもしれない部屋のベランダではなく、すでに住んでいる人のベランダです。

廊下がすっきりしていてもベランダがジャングル状態や、物置と化して埋まっていたりしていると要注意です。

 

ガーデニング大好きなだけの善良な住民であっても、植木から虫の被害が・・・なんて事もあります。

それとやはり、防災の面でちょっと心配になりますね。

その他共用設備

ポストの周りがチラシだらけだったり、共用廊下の電気が切れている、天井部分に古い蜘蛛の巣がゆれている・・・。

管理会社がしっかり建物の管理をしていないと共用部分が汚れています。

 

単に汚いだけではなく、日頃から管理を放置されているとトラブルがあった時にしっかり対処してくれるとは考えにくいですね。

個人的に管理費をしっかり取ってくれる物件のほうが安心できると思っています。

部屋の内部で見ておくべき箇所

外部に比べて部屋の中は、好みの範囲で決めて良いかと思います。


遮音性に関しては建物の構造に大きく左右されるので、部屋の中からは判断しかねます。

遮音性が高いと期待される建物の構造はざっくり鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)>鉄筋コンクリート造(RC)>鉄骨造>木造の順です。

また、話声などの音は遮られても足音などの振動は構造に関わらず防ぐのが難しいです。

水回り

築年数の古い建物ではリノベーション済みであっても、費用のかかる水回りはそのままな事が多いです。

トイレの水はちゃんと流れるのか、排水管から嫌な臭いはしないかなど調べて置いた方がいいでしょう。

ベランダや窓のガラス

冷暖房の熱効率を良くするためにも、複層ガラスであるほうが好ましいです。

Low-E複層ガラスというのは、複層ガラスの間に特殊な金属膜をコーティングしたガラスのこと。すぐれた断熱性能と遮熱性能で、ガラスからの熱の出入りを防いで、暑い夏も、寒い冬もお部屋を快適に保ってくれます。
冷暖房の効率が良いから、少ない電力でお部屋は快適。節電効果もある、その名のとおり「エコ」なガラスなのです。

節電効果があるということは、冷暖房費削減にも効果的。しかも、結露防止、紫外線カットの効果も。

エコガラスについて│窓ガラスならエコガラス

複層ガラスの窓にこのようなマークがあるのでチェックしてみましょう。

エコガラスマーク



コンセントの位置と数

コンセントはあればあるほどいいです!

各部屋の隅に1ヶ所しかないと延長コードでタコ足配線にせざるを得ない場合がでてきてしまいます。

 

またテレビ周りは大抵コンセントとアンテナの位置で決まってしまうので、手持ちの家具でうまく配置できるか1度シミュレーションしてみましょう。

部屋のすぐ外側に何があるか

窓を開けてすぐ外側に自転車置き場、駐車場、ゴミ捨て場がないか見ておきましょう。

人の出入りが頻繁になるので、ドアの開閉音や話し声が気になることがあるかもしれません。

 

特に低層階では影響が大きいと思います。

時間や日にちで変わる周辺環境

引っ越しまで日にちに余裕があるならば周辺の環境もチェックしておきたいところです。

  • 昼と夜の差
  • 平日と休日の差

昼間は何の問題もなさそうでも、夜になると住居周辺の街灯が少なく真っ暗だったという話はよく聞きますね。

また、ペット可物件では夜は静かでも昼間飼い主さんが留守だと不安で吠えてしまうわんちゃんがいたります。

 

昼夜の差をチェック!はよく聞きますが私がさらに可能ならばチェックして欲しいのが平日と休日の周辺の差です。

平日は昼も夜も静かなのに、休日の昼間子供が部屋の前の道路で遊んでいることがあります。

夜勤があって昼間寝ていたい人などは気にした方がよいかもしれません。

 

これらのチェックは自分ではなく不動産屋の担当者にお願いすることもできます。

時間が取れなかったり、遠方への引っ越しだったりして何度も見にいけない場合には、「夜の周辺環境が知りたいから写真が欲しい」と伝えれば代わりに見てきて貰うこともできます。

盲点だった!引っ越してから気がついた失敗談

建物の中と外のチェックは完璧!だったとしてもやっぱり住んでから気がつくことは多いです。

その中でもちょっとやっちまったな・・・と思った事項がこちら。

  • 病院は遠いけど救急車の通り道
  • 内見の時は休みだったから聞こえなかった学校のチャイム
  • マンション内は静かなのに、向かいの家の犬が早朝だけギャン鳴き
  • 複層ガラスじゃないのが気になったまま住み始めたら、やっぱり湿気パラダイス
  • 内見時は不動産屋の車で移動だったから気にならなかったけど坂が凄い

音関係は本当に住んでみないとわからない事が多いですね・・・。

学校のチャイムは同じぐらいの距離でも、反響の差なのか全く気にならない立地の場所もありました。

 

坂はホントに盲点です(笑

その地域では電動自転車が必須だった事が後からわかり、その時持っていた自転車には一度も乗らなかったです。

おわりに

まとめ

  1. 忘れないように画像を残しておく
  2. 部屋の中だけでなく外も気にする
  3. できたら時間毎の周辺環境を調べる

 

今までの経験からニッチなポイントも上げてみましたが如何でしょうか?

 

何度引っ越しをしても100点満点の部屋はありません。

しかし、これらのチェックを心がけて内見に望めば大きな失敗はしにくいので、住んだあとの後悔も少ないはずです。

 

お部屋探しの際にはぜひ参考にしてみて下さい。

 

お読みいただきありがとうございました!