浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

転妻が語る引っ越しの荷物トラブルとハプニング集

こんにちは。藤間です!

 

転勤で何度も引っ越しをしているとちょっとしたトラブルや思いがけない出来事に遭遇する事もあるものです。

f:id:ukigusagurasi:20180513192745j:plain
 

私の転勤生活でこんなハプニングあったよ!という話をご紹介してみます。

荷物の破損、キズ

王道にして鉄板(?)の引っ越しトラブルですね。

8回の引っ越しで私が遭遇した荷物のトラブルは3つです。

保証や弁償はして貰えるの?

大手の引っ越し会社さんの場合、通常の範囲ならばまず間違いなく保証して貰えるでしょう。

保証対象外となる荷物や保証金額もあるので事前に確認しておくと安心です。

個人で引っ越し作業を請け負ってたり小さな引っ越し会社さんの場合には、見積もり時に保証について相談が必要かと思われます。

 

以下、全て方法は違えど保証して貰っています。

移動時のトラック内でついたと思われるキズ

カラーボックスや衣装ケースなどの小さな家具は梱包されずにそのままトラックに乗せていく場合があります。

梱包されるされないは当日のスタッフの判断によって多少差がでるような気がしますね。

 

梱包しなくてもいいと判断されたせいなのか、はたまたトラック内の場所が悪かったからなのか小さなサイドテーブルの天板がゴリゴリにキズだらけになっていることがありました。

段ボールの山の片隅にあり即使う物でもなかったため発見が遅れ、引っ越しの翌日にあわてて引っ越し会社へ連絡。

 

同じものを買って明細書送ってくれれば同額を振り込むという話でした。

こっちが探して買うの!?とも思いましたが、言われた通りに同じものを購入し明細を送り後日振込を確認して終了。

 

そういえば、破損した物とか一切確認しないままだったと思うのですが

だったらもっといい物買っとけばよかっ 会社的に大丈夫なんでしょうかね。

搬出時の落下による破損

プラスチックの衣装ケースを作業員が落下させてしまい角が割れてしまいました。

搬出時のことだったのでそこで揉めても作業が進まないので、その時はそのまま引っ越し作業を続行。

 

搬入時に現場のリーダー的な方にお話して、後日本社から連絡が来るという流れでした。

はじめは「搬入時に作業員のミスで破損させてしまったようで…」と、向こうから申告されたのを慌てて、いや破損は搬出時に報告を受けていますからとお伝えした訳ですが搬出したスタッフ同士の申し送りとかしないのでしょうかね・・・。

 

この時は同じものを交換という形で話がまとまり、衣装ケースという同じものを用意しやすかったせいか当日から一週間以内で対応してもらいました。

雨でダンボールが浸水

実録!転妻の引っ越し10余年分!【中編】 - 浮きぐさ暮らしにもちらっと書いたのですが、これは被害が大きかったです。

 

雨によりトラック内の一部に水たまりができ、その上にあった荷物段ボール5箱分が水浸しになりました。

そしてダンボールの中身は全て本・・・。

 

浸水が確認されてからすぐにマンションの廊下に本が並べられ乾かされていましたが、そんなことでどうにかなるはずもなく全ては後の祭り。

誰が悪いとか責任を追求してもどうにもならない事はわかっていたので作業員の方は引っ越し作業を終えてもらい、当日のうちにエリア担当の方から電話を貰い状況を説明。

翌日、現物を確認するために訪問ダメになった本のタイトルを全て記録。ここでも先方が同じものを用意して交換、という流れに。

 

しかし、問題は一部の本が絶版や希少本。一番被害の大きかったダンボールの中身が某アーティストのライブ会場限定のパンフレットだったこと。

ファン歴10数年間初ライブからコツコツ集めた当時のパンフレットは金額以上に思い出がプライスレス。

例えオークションで同じものを用意して貰ってコレジャナイない感が半端ない・・・。

 

そのせいもあって解決までちょっと長引きましたね。1ヶ月以上かかったんじゃないでしょうか。

こちらがオオゥ!?どうしてくれんじゃボケェ!?と言った訳でなく、先方(搬出を請け負った支店の店長)が うるせぇ!だったらライブの遠征日とか諸々まで出せば文句ねぇんだろ!?っていう態度だったのでそうじゃないでしょう、と。

10年分の遠征費もらっとけばよかっ

 

謝りに来るのは搬入したほうの支店の人だし、この人にどれだけ文句いっても仕方ないと最終的に用意できるものは現品で用意してもらいできないものは定価で支払って貰うということで落ち着きました。

 

まさかこんな事がおきるなんて想像もしていませんでした。

本当に取り返しのつかない大事なものは持っていけるなら手荷物にしたり、過剰なまでに梱包してから運んで貰うようにしましょう。

小ネタ・ハプニング

上記程シリアスでもないし引っ越しトラブルという程ではないのですが、強く印象に残っている出来事がこちら。

3日で物件が決まるも土壇場で大家が拒否

これはこちら実録!転妻の引っ越し10余年分!【後編】 - 浮きぐさ暮らしで書いたものですね。内容の詳細は割愛。

いつもならもっと時間のかかる家探しがさっくり終わってやったー!と喜んでいたのに白紙になったぬか喜び感といったら山の如し。

無事引っ越せたから良かったもののもっとギリギリで断られてたら修羅場だったでしょうね・・・。

洗濯機の裏からパンツが出てくる

引っ越しあるあるだと思ってるんですけど、経験ある方いますよね!?

重い洗濯機をよいしょーと移動して貰ったあとに掃除をしようと見たらホコリまみれのパンツが出現。しかも私の。

 

引っ越し屋さんは優しいので黙ってパンツを見送ってくれたのでしょうけど恥ずかし過ぎる・・・!!

それ以来、引っ越し前の洗濯機の裏チェックを欠かさなくなりました。

夫のエロいものが搬出時に出てくる

今でも引っ越し最大の衝撃事件として夫に語るのがコレ。

いや、良いんですよ。なにが出てきても。

 

私が生涯忘れられない理由は、『はじめての転妻引っ越し』で、『搬出立会いに私しか居ない』という条件だった為。

あいつのなんですよ!あいつの!!の「あいつ」が居ないこの状況(笑

 

 恥ずかしさは自分のパンツの比じゃないです。

あの時、眼鏡の奥でそっと逸らしたお兄さんの目線が忘れられません・・・。

おわりに

最後のパンツからエロいものへの流れで台無し感がありますが、私の転勤生活を語る上でどうしても外せない出来事なので仕方がないですね!(特にエロいの)

他にも引っ越し先のマンションから人が落下(詳細不明)などもありましたが引っ越しにあまり関係ないので割愛。

 

今回は落下による破損だったのですが、プラスチック制の衣装ケースは年月の経過が原因の劣化で破損しやすいそうです。

よく衣装ケースはそのまま運びますから大丈夫ですよと言われがちですが、古くなった衣装ケースは毛布で包むなどして梱包するか搬出時に事前相談しておくといいかもしれません。

 

お読みいただきありがとうございました。