浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

実録!転妻の引っ越し10余年分!【中編】

こんにちは。藤間です!

私がこれまでの転勤生活10余年でどこへ行き、どんなことがあったのかをお伝えしたくザックリですがまとめてみました。

10年転勤ってどこで何してたの?と、一読いただき興味を持っていただけると嬉しいです。

前編の記事はこちら!↓ 

ukigusagurasi.hatenablog.com

前回までのあらすじ

新婚早々2ヶ月で2回の引っ越しを経験し、転勤族の洗礼をうける藤間。

晴れの国岡山で孤独に苛まれるも、イオンと白桃と香川のうどん(美味しい)に助けられ乗り切っていく。

そして3度目の転勤が決まり次の土地へ向かうその手には、2匹の子猫が抱えられていた・・・。

 

f:id:ukigusagurasi:20180511211607j:plain

4.猫を連れて

  • 岡山→大阪
  • 間取りRC造 2LDK

「猫の飼える賃貸を探しています」『うーん 難しいですね』

「猫の飼える賃貸を探しています」『わかりました。探してみます。1匹ですか?』「2匹です」『うーん 難しいですね』

「猫2匹飼える賃貸を探しています」『わかりました。いつお引越しですか?』「来週です」『来週』

 

このやり取りからまず入る部屋探しがずっと続いて行きます。

それなりに覚悟をもって猫を飼い始めたつもりでいましたが、実際に部屋探しの大変さに目眩がしました。

そこそこの小都市でもこんなに部屋がないものかとその後の転勤生活の苦労が目に浮かびます。

 

猫好きの担当者さんにあたり色々頑張ってもらった結果なんとか部屋は見つかったのですが、無駄にデザイナーズでなぜかトイレにドアがないというおしゃれ物件でした(笑

設備も色々整っており、初めて使う床暖房の魅力に取り憑かれてしまいます。その分お家賃はとても高かったですけどね・・・。

そして部屋は空いていて契約は可能なものの、室内クリーニングをしなければいけないとのことでどう急いでも入居日が夫の着任日に間に合わないということがわかりました。

 

どうしてもここ以上の物件が見つからなかったので、最終的に夫が先に転勤先へ行き一週間程ネカフェ(本人の希望)とビジホから仕事へ行き、間の休日に岡山へ来て引越し作業を手伝うという力技で乗り切ることに。

 

引越しまでは大変でしたが、引越し後はパートに出たり友達が泊まりに来たり猫飼いライフを満喫したりと楽しく過ごせていました。

5.広々・最上階

  • 大阪→広島
  • 間取りRC造3LDK 最上階7階

広島といっても観光地でおなじみの広島までは高速に乗って車移動しなければ行けない場所でした。

人が住む分には全く不便はないのですが、ペット可物件はほとんどなかったです。

 

ネットで検索した物件に片っ端から電話しまくり、何度もかかって来る電話から不憫に思われたのか地元の不動産屋さんが紹介してくれたのがこの物件。

今まで住んだ中で一番広く、条件もお家賃もとても良かったお部屋でした。

とりわけ夫が最上階の7階であることをとても気に入っていたようです。(タワーマンションに憧れるタイプ)

 

入居半年後ぐらいにマンションの目の前に本屋さんがオープンし、オープニングスタッフとしてなら働きやすそうだとそこへパートへ出ました。

年の近いスタッフが多く、休みを合わせてご飯を食べに行ったりカラオケに行ったりしてましたね!

大人になってからこんな風に遊べたことはなかったのでとても楽しかった反面、転勤が決まった時はとても辛かったです。

6.3年ぶり2回目

  • 広島→大阪
  • 間取りRC造1LDK

ここ転勤生活は一番悲惨でした・・・。

友達との涙のお別れで精神的なものがあったからなのかわかりませんが、2回目の大阪での転勤生活で私の体調が一気に崩れます。

 

例にもよってまず家が見つからない!

不動産屋の担当者は最初のメールのやりとりのではそれなりに頑張ってくれそうな感じがあったのですが(猫2匹でも断らなかったし)いざ物件探しとなるとやる気が全く感じられない。

部屋探しは「何かいいのあったら教えてください〜」と、なぜかこっちに丸投げ。もう時期的に新たな不動産屋を一から探すのは困難だったのでそのままでしたが、今思うと一か八か見切りをつけても良かったかもですね。

 

結局、エリアを広げまくって3年前に住んでいたマンションの別棟に引っ越すことになりました。

これがまた厄介で、3LDKから1LDKなのはもう仕方ないとして前回と同じく無駄にデザイナーズですから部屋の間取りがアルファベッドの『H』みたいな形なんですよ。

収納はほとんどないし、家具の配置がめちゃめちゃ難しいし、リビングに日が入らない。

おまけにエリアを広げて探した物件なので夫の通勤時間が40分になり、毎日帰宅がど深夜になってしまいました。

 

いつの頃からか元々あった偏頭痛が酷くなり痛み止めを飲んでもまったく効かず深夜にのたうち回って痛みに耐えるということがあったり、頭痛外来にいくも問題なし。

 

幸か不幸か前回働いていたパート先がちょうど人手を探していたので同じ職場に復帰しましたが、夏バテを境に疲労感が抜けずパートがない日は1日中寝込んでいました。

どうしても動けず迷惑をかけてしまうことも少なくなかったです。

閑話休題

お読み頂いている方ついてきていただけてますでしょうか?(´・ω・`)

前後編で収まりきりませんでした!!よって中編です!

 

6ヶ所目の転勤先の大阪は今思い出してもしんどかったです。

そういえば、雨の日の搬入で荷物を水浸しにされ、コレクション的に集めていたものが浸水でオシャカになるというエピソードがあったのもここだったのを思い出しました。

夫はこの年ノロにかかってましたしいわく付きの物件だったんでしょうかねぇ・・・。

 

次回!体調不良を境に本格的な主婦ニートの道を歩み出す!!

パトラッシュ・・・僕はもう疲れたよ・・・。

乞う!?ご期待!