浮きぐさ暮らし

猫飼い転妻の備忘録と雑記

実録!転妻の引っ越し10余年分!【前編】

こんにちは。藤間です!

 

この記事のために先に見出しだけ書き出してみたらなぜかリストが9番までできてしまいました。

おかしい。転勤8回なのに、なんで9???と真面目に悩んだのですが解決しました。

そりゃ、転勤8回したら今9ヶ所目だからだよ!!

 

脳内でカミナリのまなぶくんに頭を叩かれた気持ちです。(´・ω・`)

転勤・移動記録

f:id:ukigusagurasi:20180510200059j:plain

錆びついた脳みそから懸命に記憶を辿ってみましたが、「大変だった」ということしか思い出せず・・・。

そうすると何処も「辛い」の一言で終わってしまいますので、詳細は避けますが転勤の移動先、部屋の間取り、それぞれの土地のエピソードを自分の忘備録として書き起こしていきます!

 

長いので前後編 前中後編となりが、全編のタイトルだけ・・・

お品書。

  1. はじめての転勤
  2. 超高速!転勤移動!
  3. 新人転妻の試練
  4. 猫を連れて
  5. 広々・最上階
  6. 3年ぶり2回目
  7. 大移動!東へ!
  8. 藤間、西へ戻るってさ
  9. さいたまー!さいたまー!

 

1 はじめての転勤

  • 埼玉→
  • 間取り鉄骨造?2LDK

結婚して転勤族の妻となって初めての引っ越しです!

なんとこの引っ越し、確か結婚から2週間ぐらいで辞令がでたと記憶しています。

(間違ってたらしれっと直そう・・・)

独身時の夫が住んでいた家へそのまま身一つで転がり込んだので私の荷物はほとんどなかったですね。

 

結婚して3週間でしたが、夫のはこの土地に4年程いたので時期としては仕方なかったと思います。

が、この引っ越し。当日まで夫が仕事の為、なんと搬出時に不在。

荷物は少ないし手続きは全て夫がやっていたものの、初回からワンオペ引っ越しだったので精神的にハードモードでした。

ガッデム!!!

2 超高速!転勤移動!

部屋の選び方が初々しいですねぇ(笑 

テラスハウスとはざっくり言うと2階建ての長屋のような作りの家のことです。部屋の中に階段があり、賃貸物件でありながら一軒家気分が味わえます!

この物件は某ダイトウさんによくある玄関開けたら即階段!ではなくLDKに螺旋階段のある見た目はとてもおっしゃれ〜なお部屋でした!

 

だが木造だ。

 

「長屋のような」作りなのでお隣と接している壁の部分は決して厚くなく、振動と音が響きやすいです。

そして螺旋階段が部屋にドーンとあるので一階の天井は比較的高い・・・となると冷暖房が効きにくいんですよねぇ。

 

まぁ、冷暖房試す間も無くここも

滞在1ヶ月弱で転勤となります ٩( ᐛ )و

会社の大人の都合があれこれうんぬんだったのでね・・・シカタガナイ

3新人転妻の試練

  • 大阪→岡山
  • 間取り 新築木造メゾネット一階 1LDK

転勤族デビューから2ヶ月も経たずになんと3ヶ所目に移動ですよ。

書きながら思い出してはいるものの、先日まで前2つの滞在地の存在はなかったことになってました・・・。

でも改めて見るともうこんな怒涛の展開じゃあ仕方ない()

 

ここがおそらく唯一、最初で最後の私が部屋決めに完全不参加だった物件です。

故に木造。故に一階。

夫が新築だからの一点で決めていました。事後報告です。

しかも新築すぎて申し込み時にまだ内見もできなかったので、不動産屋の物件情報だけで入居に至ったと記憶しています。

 

某ダイトウ物件、上記した玄関開けたら即階段!の一階。

二階の住民が階段を登る音はもちろん、深夜にはイビキが聞こえてきたもんでした。

・・・ガッデム!

 

この岡山の地でようやく私の本格的な転妻生活が始まります。

一人で過ごす時間が多く、縁もゆかりもない土地、田園地帯を開拓して立てられたとおぼしき新築物件のまわりには、夜になるとカエルの鳴き声が聞こえてきていました。

元々、沢山の人の中にいるよりも一人でいることを好む方でしたがあの時は無性に寂しかったですね〜。

夫は激務で帰りが遅く、ずっとパソコンの前で時間を潰していたと思います(笑

 

休日は香川県までうどんを食べにいったり、我が心のオアシスイオンへ行ったり、スーパーへ一週間分の食料品を買いだめしに行ってたりして気晴らしはできていましたね。

岡山では桃の季節になると、なんの変哲もない地元のスーパーに白桃だけで何種類も売られていてテンションが上がりました!

あぁ・・・また食べたい・・・岡山の桃・・・。

 

ひたすら家でパソコンの前に居続けたので捗りまくるネットサーフィン。

そんな折、広大なネットの海の中から猫ブログの存在を知ることになります。

孤独感のあった私は瞬く間に猫ブログにどハマりし、1日に10個くらいの猫ブログを読み漁りいつしか猫の里親サイトまで覗くようになっていました。

転勤族でペットなんて飼える訳がないし、そもそも私は犬も猫も飼ったことはない。(実家にセキセイインコはいましたが;)

猫を飼いたくて里親サイトを見ていたわけでは決してないのですが、ある日ですね。見ちゃったんです。とても緊急性の高い里親募集を・・・。

 

詳細は省きますが、その里親募集を見てから一週間後には手元に猫がいました。しかも2匹。

猫がうちに来ることが決まった時には次の転勤先への辞令がでていたので、ここから我が家はペット(しかも猫。繰り返すようだがしかも2匹)が飼える賃貸物件を短期間に見つけ出し引っ越すという転勤族の中でも超ハードモードな茨の道を進むこととなるのです(笑

閑話休題

書き始めたら思った以上に長くなってしまいました。(´・ω・`)

これ前後編で収まるのでしょうか!???

【追記】収まりませんでした!\(^o^)/

 

改めて振り返ってみるとなかなか面白いですね。

岡山で夫が内見もしないまま相談なしで物件を決めて来るというミラクルエピソードはいくら時間がないとは言え、私にはとても衝撃でした。

当の本人がこれを覚えてないっていうのもまたミラクル()ですが、これ以後部屋決めの決定権は全て私が握ることになります。

 

また別で詳しく書ければと思っていますが、我が家の転勤辞令は季節に関係なく通常2週間前に通達されており各地の滞在期間は特別記載がない限り2〜3年です。

次回!猫を連れての初めての引越し!果たして家は見つかるのか!?

乞うご期待